社外の打ち合わせは貸し会議室という風習

社外の打ち合わせは貸し会議室という風習

企業が自社のオフィス内でミーティングスペースや応接室を設けて、打ち合わせを行うのであれば社内外問わず、そこで行うことが当たり前でした。
しかし、現在はそういった過去の常識がなくなりつつあります。

もちろん、今でもミーティングスペースや応接室を設ける会社はたくさんあります。しかし、その傾向は減少傾向にあり、社内外の打ち合わせに関しては貸し会議室で行うようになりました。
そこには社員の働き方の変化もあります。ITが発達したお陰でスタッフがオフィスに籠って仕事をする必要がなくなりました。報告はメールや電話、必要ならテレビ電話で行えば済む話です。社内にいてもいなくても同じように仕事ができるような環境になりました。
それであればスタッフを在宅にしてしまって、必要な人間だけを社内に置いておくことで、オフィスの縮小化が可能なだけでなく、ランニングコストも圧倒的に安くなります。交通費や備品購入費も必要なくなるので、どうしても会議が必要な場合は貸し会議室を利用すればいい、ということになります。

社外の打ち合わせも都心部であれば貸し会議室の需要も大きいので、オフィス内でする必要もありません。ムダなランニングコストはかけずに必要なときだけちょっと使う、貸し会議室はそういうニーズに応えてくれます。

    必見!お勧めWEBサイト

  • 社員の入退社に伴う人事関連の入力作業や、給与明細の発行業務など給与面の業務をアウトソーシングしたいと考えているならそういった業務を一括で代行したもられるbulas agentの導入がおすすめです。給与計算から年末調整までこの道40年間の給与業務のプロによる代行サービスなので安心して任せることができます。アウトソージングすることで空いたリソースを他のことにまわすことができるので業務効率は確実に良くなります。給与業務は属人化しやすい業務ですがそういったリスクを確実に回避できるといった意味でも導入はおすすめできます。急な経理担当者の退職にも問題なく対応できますのでぜひ導入を検討してみてください。

Copyright(C) 貸し会議室の市場性 All Rights Reserved.