貸し会議室サービスが増える理由

貸し会議室サービスが増える理由

多くの企業や団体が利用している貸し会議室サービスですが、都心部を中心に市場規模が増加しているようです。
企業でも勤務体制の見直しのためにムダな会議が削減されつつある中で、どうして貸し会議室というサービスのニーズが高まり、またそのサービスを提供する業者が増えてきたのでしょうか。

まず、企業側としてはムダな会議は削減されてきてはいるものの、幹部クラスだけの会議が減っており、その分、大規模な全体会議が行われるようになった、ということです。会議の回数もそれほど多くないので、自社でミーティングスペースを設けるとオフィスの家賃のコストパフォーマンスが悪くなることもあり、外部の会議室を利用するとのことです。

また、貸し会議室を提供する側としても、在宅ワーカーが増えてきたことでオフィスの縮小を見込んでいたので参入するようになった、という見方があります。その他にも元々貸し会議室の前は貸事務所業をしていたものの、貸し会議室の方が短い時間で売り上げが倍以上見込めるということで転業する、ということもあるようです。

その為、今後は小規模オフィスだけでなく、貸し会議室サービスが成長してくるのではないか、と言われているのです。

    管理人のお薦めWEBインフォメーション

  • 欠けていたりで他店だと評価が付かなかったものも買取をしてくれる、メレダイヤやダイヤの買取を大阪で探すなら、宝石、貴金属の相続や財産分与、財産の整理、遺品の管理・売却等の鑑定、鑑別、査定を、世界で最も権威のある米国宝石学会の認定をもつプロの鑑定士が対応してくれるのでオススメです。

Copyright(C) 貸し会議室の市場性 All Rights Reserved.